テーマ:PANちゃんの病

不思議な運命の糸・・・

前回の記事を 涙ながらに 書き終えて 公開 したとたん 電話のベルが 鳴った。 「もしもし? 元気してる?」 ・・・その声は、 私の母から だった。 まるで、私のブログを覗いてたかのようなタイミング・・・ 最初は、普通に 「・・・うん、元気だよ!」なんて話を始めたが 途中で思わず泣いてしま…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

心療内科の先生の心の中は?

PANちゃん(主人)が、心療内科の病院に通いだして早2ヶ月。 2ヶ月前は、どうなることやら心配と不安でいっぱいでした。 そして、今・・・ 体調のほうも、だいぶ良くなり、 精神的にも落ち着いてきたように見えます。 会社も、なんとか行けるようになったし、 私に甘えてくる事も、少なくなりました。(それは、ちょっと淋しいかも?) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

B・E・L・I・E・V・E

~ 笑う事もできないで   夜の街にたたずむ   言葉じゃない イラだちは   どこに向ければイイの   もうイイサ 眠れよ    明日から 始めるサ   DON'T WORRY, CAN'T YOU HEAR ME?    BELIEVE, YOUR MIND…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つらいよね・・・

月曜日。 朝から、いつものように目を覚まし、いつものように子供達は学校へ登校した。 ・・・でも、ひとつだけ違っていたのは、主人の様子だった。 子供達がいなくなった後、寝室をのぞくと、そこには息をハアハア言いながら苦しんでいる 主人がいた。 「・・・薬、持ってきて・・・」 主人に薬を渡し、会社の上司に休みの電話をした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more